生ハムブロックのオリーブオイル漬け

生ハムはブタの後ろ脚の付け根からヒザ下辺り(腿肉)に塩を振って乾燥させたもので、Prosciutto:プロシュットという言葉はpro(=とても)とasciutto(=乾燥させた)という2つの言葉から生まれたものとされています。


さて、生ハムは通常、足の付根の太腿の太い部分からスライスしていきます。
スライスする部位によってどんどん味が変わっていくのが生ハムの面白さ、奥深さですがその話はまたにして・・・


どんどんスライスを進めてヒザの骨より下あたりにまで来ると断面も小さくなり、筋が一気に集まってきます。なのでここを薄くスライスしても筋張ってしまってそっちのほうが気になってしまうのでブロック状にして販売しています。
写真みたいな感じです。

このブロックももちろん正真正銘の生ハムです。
しかもとても味の濃厚な部分なので、そのままナイフで切ってチビチビ食べてもとっても美味しいのです。


これに一手間加えて、オリーブオイル漬けにしておけば、簡単で美味しいオツマミになります。


作り方は簡単、サイコロ状に刻んだ生ハムを瓶に入れ、そこにローズマリーなどの
ハーブと柑橘類(レモンやオレンジ)の皮を加え、具が出ないようにオリーブオイルを
注ぐだけです。
一晩くらい漬け込めば、ハーブと柑橘類の爽やかな香りが馴染んできます。



オリーブオイルに浸かっていることで日持ちもしますし、何より食べたい時にすぐ
つまめてとても便利な一品です。


また、残ったオイルはもちろんお料理に使えます。
鶏肉や野菜に軽く塩をしてからこのオイルでマリネして焼いても美味しいですよ。


生ハムと言えば薄くスライスしたものを空気と一緒にふんわり食べるのが
一番だと思っていましたが、ブロックもまた別の楽しみ方がありました。


是非お試し下さい!!


ホームページにもレシピを掲載しています。

http://www.piatti.jp/ricette/proscutto_02.html