イタリア買い付け道中記 2019冬 その2

Cividale del Friuli:チヴィダーレ・デル・フリウーリという村へ。
以前も一度訪ねたことがある中世趣が残る小さくて可愛い村。

f:id:PIATTI:20190209184458j:plain

f:id:PIATTI:20190209184534j:plain

f:id:PIATTI:20190209185127j:plain

f:id:PIATTI:20190209185141j:plain


今回は食目的で再訪だったですが、なにせ友人案内で動くと
何かとおまかせ続きで手抜きになってしまいがち。

調べてみるとここは世界遺産に指定されている村であり、
古くはユリウス・カエサルが築いた由緒ある場所である事がわかりました。

Friuli Venezia Giulia:フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア「フリウリ
古い名前に由来するとか。さらに、

Friuli:フリウーリは、ラテン語、Forum Iulii:ユリウスフォルム(広場)

であると。
ミラノあたりからでも随分と遠いところにあってマイナー感ある地域ですが、
歴史豊かで美味豊富ゆえにどんどんと興味が湧いてきます。

さてこ村にそ昔、教皇グレゴリー12世が訪れました。
文献によるとそれは1409年6月6日とされ、そ場で評議会や席が設けられたそうです。
際、繁栄と富を願って供された甘味菓子がありました。

それがGubana:グバーナという菓子で、富を象徴する為に当贅沢品であった
ヘーゼルナッツ、クルミ、レーズン、松実を用いたとか。
これらを潰してペースト状にし、グラッパラム酒を加えて防腐効果を高めたも
パン生地に乗せて巻き上げるようにして焼いてつくります。

f:id:PIATTI:20190209185348j:plain


Gubana:グバーナという菓子名前は、”巻き上げる”という動作事を
地域方言でgubat:グバットという風に呼ぶ事に由来するそうです。

由緒正しい村に伝わる高貴な供物として生まれたGubana:グバーナ。
以来、宗教的な行事や祝い事際に供されるそうですが、中でもとびっきり
美味しいもがこ村にあって、一人女性が黙々と作っているそうだと。

f:id:PIATTI:20190209185554j:plain


最初はこような話を知らずにいました。
味覚似ているこ友人にいろいろなGubana:グバーナを食べさせてもらい、
最後に出されたが彼女で、他とは全く異なる気品ある味わいに
興味を
持ったところ、

「だろ?!」

なんて自慢げに話し始めてくれたがきっかけでした。
これは訪ねずにはいられない、そういう気持ちがどんどん強くなっです。

実は訪ねる前に輸入できないかどうかメールで問い合わせてはみたですが
礫(ナシノツブテ)で、紹介してくれた友人も間に入ってくれですが、
輸出に興味が無いと事で望み薄。
でも頭を離れないし、やっぱり直接話してみたい。

で、いざ訪ねると、黙々と手を休めない彼女はあまり相手にもしてくれない、
まさに頑固職人そでした。
ちょうど、彼女もとに届いたヘーゼルナッツをおもむろに取り出して、
一つ
一つ割っては虫がいないかチェックしているところでした。
原材料を吟味し、ひとつひとつ工程に手を抜かないであろう事は容易に想像できました。

そこに話を向けるとようやく少しずつ口を開いてくれ、こちらを向いて
くれるようになったです。

そこで一気に思いを伝えました。
何分話したでしょうか、それを黙ってじっと目を見ながら聞いてくれた覚えています。
日一日分エネルギーを使った感じでした。

f:id:PIATTI:20190209185519j:plain


ま、だからといって何かが好転したとかそんな事は無いんですけど
そうしないと気がすまなかったです。
それだけでもわざわざ来た甲斐があったかなぁと思っています。

田舎菓子然とした風体と、誰にでもわかりやすい味では無いかもしれませんが、
実、なんともエクセレントな仕上がりはそうそうあるもんじゃ無いなぁと
忘れられなくなってしまったです。

はいつだってそんな感じ。
買い付け旅っていったって、実際に買ってくることなんて殆ど無いし
話をしても上手くいかない事ほうが多いです。
でもそうやって話をし続けていくが好きなかもしれません。
うちに上手く行くこともたまにはあります。
ま、時間かかる事ですけどね。 

次回に続きます。

イタリア買い付け道中記 2019冬 その1

祝日営業を少し早めに切り上げ、身支度して店から直接羽田へ。
深夜便で出掛けると、機内は寝て過ごし到着したらすぐ行動出来る
時間的にはロスも少なく合理的。

…なんて言いつつ何時も殆ど機内で寝れないでチョットそういう
少しづつしんどくなってきたかなぁという事でヘッドフォンを
ノイズキャンセリングにしてみることに。

いやぁ、文明利器というは凄いもんです。
お陰で殆ど時間を睡眠にまわすことが出来ました。

パリ経由でヴェネツィア空港に到着。
今回はUdine:ウーディネ友人夫婦(と柴犬RUI:ルイ)を訪ねる事から。
空港で携帯simを買い、レンタカーを借りてサッと出発。
もうホント、今どきはGoogle Mapでどこへでもいけちゃいます。

遠いと思っていたUdine:ウーディネも、Venezia:ヴェネツィアから2時間弱。
何も間違えることなくウルトラスムーズに友人宅へ到着。

 

f:id:PIATTI:20190209160309j:plain


と、Lorenzo:ロレンツォと柴犬が玄関先でお出迎え。
覚えていてくれたんですねぇ・・・いやはや感動です。

 

f:id:PIATTI:20190209160230j:plain


多忙な彼もスケジュールを調整して休みをとってくれていて、
おま
けにLasagna:ラザーニャも作ってくれていました。
料理人だった彼腕は確かで本当に上手なで、食べる前から美味いとわかっている
にも関わらず、やっぱり鼻息が出るほど美味い。

 

f:id:PIATTI:20190209160652j:plain


奥さんMarina:マリーナはクロアチア出身で、ハムやサラミ類も自家製という
環境にあり、現在もソムリエとして働いている
で食に対する見聞も深い
何かと話しがスムーズな
です。

彼女生まれ故郷あたりで作るという牛肉サラミも秀逸。
いやはや、っけからレヴェルが高くて幸せでございます。

荷物を解き、頼まれもやお土産を開け広げ、ひとしきり話をしたちょっと出かけることに。

Aperitivo:アペリティーボは食事一杯ってやつです。

酒屋やbarでグラス一杯ワインと少しおつまみをちょっと楽しみ、ほどほどに和んだところで
夕食に出かけるという段取りです。

なんかねぇ、いいんですよ、これが。こ時間使い方が。

f:id:PIATTI:20190209160202j:plain

f:id:PIATTI:20190209160409j:plain


ほどなくして踵を返し、家に戻って夕食へ。


時期ならではが食べたいとリクエストしていたもを次々に叶えてくれました。

Tortellini in blodo:トルテッリーニ・イン・ブロード
 Modena知人が買ってきてくれたもでとても小さくこれまた美味。
 RUIが鳥アレルギーなで、専らManzoを主にしてで取ったスープが
 透き通る
美しさと美味でこれまた秀逸。
 え、ちなみに柴犬RUI:ルイはこんな手作り美味いスープ飲んでん??

f:id:PIATTI:20190209160440j:plain

 
Faraone:ファラオーネ(ほろほろ鳥)
 ホロホロ鳥は鳥類中でも肉甘味があって高級品。
 鶏肉で甘いなんてちょっと驚き。
 御馳走。

f:id:PIATTI:20190209160504j:plain


Cotechino con lenticchie:コテキーノ・コン・レンティッケ
 クリスマスから年末年始はこれ!みたいなど定番。
 かなり脂身感
強いソーセージ状を茹で、これまた茹でたレンズ豆と。

f:id:PIATTI:20190209160543j:plain

f:id:PIATTI:20190209160554j:plain


はじめに豚を落とした後、足早いもから食べて行くでbollito:ボッリート
(ホルモンを茹でこぼしたも
)や血を使ったもが先
肩肉や首あたりはspalla cotta:スパッラ・コットやcoppa:コッパに、
もも肉はハムにするで一番後。
部分やら前脚部分は脂身と共に細かくして塩胡椒して加熱し
ソーセージ状にして食べる、これがコテキーノ。

レンズ豆は豆に過ごして小金持ち・・・って日本も同じような捉え方ですね。

というわけで、お腹いっぱい胸いっぱい。
再会、感動、沢山御馳走で身も心も満たされ、長い一日目を終了
メラトニンを飲んで寝る。

 

f:id:PIATTI:20190209160731j:plain

次回に続きます。

間もなくイタリア出張に参ります。


出張中の不在期間中は店舗及びオンラインの営業をお休みさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしてしまいますが、新たな歩みで学ぶ事を生かし、

より良いお店にしていきたいと思いますので、何卒、ご理解・ご協力を頂きたくお願い致します。


出張期間は以下のとおりです。


1月14日(月) 18時にて完全閉店

1月15日(火)〜1月24日(木)


なお、FAXやメールでの発注等のご連絡に対しましては、帰国後、直ちにご返答の上、

作業させて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。

イタリア出張のお知らせ

間もなくイタリア出張に参ります。


出張中の不在期間中は店舗及びオンラインの営業をお休みさせて頂きます。
ご迷惑をおかけしてしまいますが、新たな歩みで学ぶ事を生かし、
より良いお店にしていきたいと思いますので、何卒、ご理解・ご協力を頂きたくお願い致します。


出張期間は以下のとおりです。


10月21日(日) 18時にて完全閉店
10月22日(月)〜10月31日(水)


なお、FAXやメールでの発注等のご連絡に対しましては、帰国後、直ちにご返答の上、
作業させて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。

冷凍バジルペースト入荷しました!!

欠品しておりました冷凍のバジルペーストと生パスタ「トロフィエ」が入荷しました。


◆バジルペースト


   → https://www.piatti.jp/SHOP/PST-G.html


◆トロフィエ

 
   → https://www.piatti.jp/SHOP/PS-TF.html


そして、今回は詰め物パスタ「リコッタとバジリコのプリン(ラビオリ)」も新登場です。
食べたい時に凍ったままお湯に入れて4分。
茹で上がったらセージバターやトマトソースと和えたり、スープに浮かべて食べるのもオススメです。


◆プリン(ラビオリ)


   → https://www.piatti.jp/SHOP/PS-PL.html

黒豚の生サルシッチャ入荷しました

ロンバルディア州から黒豚バージョンの生サルシッチャ(冷凍)が入荷しました!


PIATTIでも定番商品となったトスカーナ産の生サルシッチャ(冷凍)は、いつも在庫しておりますが、
この黒豚バージョンは不定期の入荷のため、たまにしかお目見えしません。
ご興味のある方はこの機会に是非どうぞ。


【Salsiccia di Nero Parma : ネロ・パルマ(黒豚)サルシッチャ】
飼育者一軒あたりの飼育数が平均20頭という希少価値の高い純血黒豚で作ったサルシッチャです。
牛肉のような肉質とイノシシに負けないさらりとした甘い脂身で、すべての旨味がギュッと凝縮しています。



https://www.piatti.jp/SHOP/S-SSNP.html

アルファロメオ

只今、我が愛車(147)は車検中。


故あって通常は無いクルマが代車としてやってきた。
同じメーカーの同年代で兄貴分。
しかもコイツはずっと前から欲しかった、まさにそれ。
カタチもエンジンもドンピシャで、夢にまで出てきたGTA



エンジンかけると悪魔の音がする。
でも10万キロを超えた車体はすでに御老体。


ちょっと複雑な初老の恋か。
手を入れるにしても相当な気がする。
ま、我が愛車だって5年落ちで買って5年乗って8万キロだけれど、キチンと手入れしてもらっているのでそんなに古さを感じない。
チョコチョコ病院入りするけど、そんなもの気にしません。
何たってワタシ、イタリアと仕事してますから。
そんなわけでもう暫くこの悪魔のようなクルマとランデヴーの日々なのです。